コロンビア ウイラ エル・ミラドール農園  200g 豆
  • NEW
  • 今月のオススメ
商品コード:
l8

コロンビア ウイラ エル・ミラドール農園 200g 豆

販売価格(税込):
1,296
ポイント: 36 Pt
関連カテゴリ:
爽やかさと風味特性を活かした焙煎
産地別(シングルオリジン) > コロンビア
華やかなフルーツ感はナチュラル処理によって強調され、重層的なカップはハニープロセスによってもたらされています。

■鮮度を保つため豆のままでのご購入をお勧めします。挽きをご希望の方はご購入手続きのお問合せ欄にご指定下さい。粗挽き・中挽き・細挽き・コーヒープレス・ペーパードリップ・エスプレッソ、、等細かくご指定下されば対応いたします。
数量:

コロンビアウイラ地区のコーヒー

■アラビカ種のウォッシュドを多く産出しているのがコロンビアですが、残念ながら、多くの生産者は大量生産を第一としているため、品質が期待できないのが実情でした。しかし、一部の小規模の生産者は、変わらずに素晴らしいコーヒーを育てていました。■埋もれてしまっていたこれらのコーヒーにフォーカスして、世界中のロースターや消費者が認知できるようになったのは、やはりカップオブエクセレンス(COE)のプログラムが実施されたからです。■COEの実施によって、コロンビアの各地の珠玉のようなコーヒーが次々に認知されました。特に南部のウイラ地区はコロンビア伝統のコーヒー品種であるティピカ種が多く栽培されていて、気候条件や標高の高さ(1980m!)から、高貴なフレバーとアシディティが特徴で、特にアフターの甘さを残しなながらフィニッシュするその美しさは独壇場で,上級品は鳥肌が立つほどのものです。
コロンビア ウイラ エル・ミラドール農園  200g 豆

エル・ミラドール農園の挑戦 Ⅰ

上記のように従来のコロンビア・ウイラ地方の上物は繊細な酸が、はっとするほどの美しさを保ってフィニッシュします。これはこれで、支持する方も多いのですが、とびっきりの上物でない限り、やや物足りなさを感じる方も多かったと思います。

また、入荷してからの劣化も、他の生産国のものより早く、COE物は入荷して間もなく劣化が始まってしまうものもあり、「おや?」と思った方も多いと思います。

それらの欠点を改良すべく、エルキンシ氏が率いるエル・ミラドール農園は多くの品種やその精製処理を試行錯誤して、研鑚しています。
コロンビア ウイラ エル・ミラドール農園  200g 豆

エル・ミラドール農園の挑戦 Ⅱ

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。