ブラジル カルモデミナス・サンタイネス農園  250g 豆
  • NEW
  • 今月のオススメ
商品コード:
l14

ブラジル カルモデミナス・サンタイネス農園 250g 豆

販売価格(税込):
1,296
ポイント: 24 Pt
関連カテゴリ:
今月のお勧め
産地別(シングルオリジン) > ブラジル
まろやかさ、香ばしさを活かした焙煎
2005年ブラジルCOEで95・8点という驚異的な得点で第一位を獲得した農園です。通常品ですが、この農園のオイリーなマウスフィール、チェリーやチョコの風味を感じて頂けます。ブラジルのパルプドナチュラルの真髄を味わってください!

●豆を挽くことを希望する方は、購入手続きのお問合せ欄にご指定ください。ペーパーフィルター用か・コーヒープレス用かご指定いただければ、対応します。
数量:

ブラジル カップオブエクセレンスⅠ

カップオブエクセレンスの源流は、1999年にジョージ・ハウエル氏の提唱で開催されたブラジル・カッピングコンペティションにまでさかのぼります。広大なブラジル国土から珠玉のようなコーヒーを見つけ出すことは困難ですが、これを可能にしたのはこのカッピングコンペティションがブラジル・カップオブエクセレンス(COE)として引き継がれてからです。特にカルモデミナス地区とその周辺の小地区から珠玉のようなコーヒーが次々と現れて、世界のコーヒー業界に衝撃が走りました。
その後も、次々に新たな地区の意欲的な農園が発見せれます。まさにジョージ・ハウエル氏の卓見がブラジルの復活を導いたと思います。
ブラジル カルモデミナス・サンタイネス農園  250g 豆

ブラジルカップオブエクセレンスⅡ

1997年にICO(国際コーヒー機構)の委託によって、ITCグルメコーヒープロジェクトが発足しました。高品質のコーヒーの生産方法を開発し、発展途上国の経済的自立を促進するためにはどうしたらよいかを具体的に模索するためで、対象国としてエチオピア・ブラジル・ウガンダ・ブルンディ・パプアニューギニアが選ばれました。そしてそれを具体的に運営するマーケティングコンサルティングが3名選ばれ、ジョージ・ハウエル氏もその一員でした。
このプロジェクトの下、BSCA(ブラジルスペシャルティコーヒー協会)を窓口に、1997年に生産されたブラジルのコーヒーサンプルを、SCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)のメンバーに送りましたが、全てのロースターから「風味特性がない」ということで、取引を拒否されました。
このような結果になった理由は3名のコンサルタントには、明確に分かっていました。それは従来のブラジルのコーヒー品質評価が“欠点チェック方式”で、コーヒーのネガティブな面をあら探しばかりして、コーヒーの美味しさをポジティブに評価できない評価基準だったからです。
 

ブラジル カップオブエクセレンス Ⅲ

そして1999年、コンサルタントとしてジョージ・ハウエル氏は苦渋の決断をします。プロジェクトの最終予算を使って、ブラジルにおいてカッピングコンペティションを開催しました。
カッパーは当時スペシャルティコーヒーを評価できるカッパーを招聘し、従来のブラジルクラシフィカドール(コーヒー鑑定士)を全て排除したコンペティションでした。ブラジル全土の農園からおよそ350ロットが出品され、それを当時の審査評価の方法で、ベスト10を選出しました。そしてそれをインターネットオークションに懸けることを、コンサルタントのスージー・スピンドラー女史が提案して、結果は大成功に終わりました。
これが現在、世界で最高の品質オークションとして高い評価を受けている「カップ・オブ・エクセレンス COE」の源流です。

ブラジル カップオブエクセレンス Ⅳ

スペシャルティコーヒーというカテゴリー自体が出来だしたのが1980年代で、82年にSCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)が設立され、86年にスターバックスが開店します。そのころからフランスのワインのテイスティング方法からヒントを得て、コーヒーのカッピング方法が模索され出し、それが本格化しだしたのは1995年以降で、具体的なカッピング項目や採点方法が確立されてきます。
この流れはヨーロッパやアメリカの市場の増加でペシャルティコーヒーの需要が増大し、供給が足らなくなってくるという切実な問題を抱えていました。このような背景があって、先ほどのITCグルメコーヒープロジェクトが発足したのが実情です。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。