サードウェーブコーヒーについて

81年より自家焙煎を始め、90年台から、米国のスペシャルテイコーヒーを学んできました。
産地のこと、カッピング評価のこと、焙煎のこと、抽出のこと,,,,,日本で学んできたことと、真逆のことばかりで、とまどうことばかりでした。
90年代はちょうど、米国のセカンドウェーブ(第2次ブーム)の流れが日本にも押し寄せて、スターバックスやピーツ(後に撤退)が開店し、その高品質なコーヒーに圧倒されました。羨望と焦りを感じて、必死に勉強した時代でした。

一方、そのころの米国では、サードウェーブ(第3次ブーム)の流れが勃興して、そのうねりが大きくなっていく時代でもありました。

そして現在、米国のサードウェーブの大きなうねりは日本にもやってきました。
自家 焙煎を始めて35年、その悪戦苦闘の日々は、世界的なコーヒールネッサンスというべき革新的な時代でもありました。
必死になってもがきながらも、それらの本流にいて、ダイナミックな変革を体験できたことはとても幸運です。

今ここに、コーヒールネッサンスの渦中にあった者の責務として、その流れをまとめてみました。

よろしければ、少しお付き合いください、、、、。

ファーストウェーブ・第一世代のコーヒー

1950代から1960年代に、アメリカのコーヒー消費量は増加を続け、62年にはコーヒーの一人当たりの飲用杯数はピークに達します。

なんと、一人が一日に飲む杯数は3.12杯!

なんだそれだったら、日本のコーヒー党だって、このくらい飲むのはザラじゃないか・・・・と思いますが、何しろ全米の飲用者の平均値ですから、その総消費量は半端ではありません。

家庭とオフィスでの消費増大がその主因であり、まさにコーヒーがアメリカの国民的飲料であったことを証明しています。

ちょうどこのころを象徴してファーストウェーブ・第一世代のコーヒーと呼びます。

ファーストウェーブコーヒーについて

真空パッケージの開発・普及と、大量生産・大量消費のムーブメントに乗って爆発的に消費が拡大した時代でした。

ところがその後62年をピークにして、坂を転げ落ちるように、消費は衰退の一途をたどります。

飲用率は、62年の75%をピークにして、徐々に逓減していきます。75年62%、85年55%、で95年では47%まで落ち込みます。
これは62年には100人中75人がコーヒーを飲んでいたのに、95年には47人に減少していることです。

また、一人が飲む一日の平均杯数も62年の3.15杯から95年の1.67杯にまで落ち込んでいますので、アメリカのコーヒーの消費量は激減していることがわかります。

多くのアメリカ国民がコーヒーを飲まなくなってしまったのはなぜでしょう?

理由は至極簡単で、コーヒーが不味かったからです。

ファーストウェーブコーヒーについて

当時はフォルジャーズ、ゼネラルフーズといった大手メーカーが、低価格で市場の占有を争っていました。まあ、そのおかげ(低価格)で家庭や職場に広く普及したわけですが、厳しい価格競争はやがて限界が来ます。

コスト低減の努力が限界に至ると、彼らは原材料に手を付け始めました。

品質は二の次で、より安い原材料の調達競争に入っていきます。

80年代の初め、僕が自家焙煎を始めたころ、商社の方から伺ったのは、生産国の優良品はそのほとんど(まだグルメとかスペシャルティコーヒーの言葉もなかった頃です)がヨーロッパに輸出され、その次は日本に、そして、粗悪品はアメリカに輸出されている、ということでした。

アメリカの輸入商社がとにかく、安く買いたたく結果であったと思います。

その結果、コーヒーが不味いいものとなって、消費の減少に拍車をかけます。

この消費量の減少に伴う市場の縮小の中で、熾烈な販売競争は低価格・低品質競争に突入していきます。

ファーストウェーブコーヒーについて

そんなアメリカのコーヒー市場に嫌気がさした焙煎業者が出てきます。
アルフレッド・ピートがカルフォルニア・バークレーに《ピーツコーヒー&ティ》を開店、そのピーツの信奉者が集まって、《スターバックスコーヒー》が創業されます。
また、ジョージ・ハウルがボストンに《コーヒーコネクション》を開店します。
セカンドウェーブ・第二世代のコーヒーの勃興です。